AlertCircle

このページは、Internet Explorerには対応していません。

セキュリティ上の理由から、Microsoft Edge、Google Chrome、Safari、Mozilla Firefoxなどの最新のブラウザをご利用いただくことをお勧めします。

メカニカルシミュレーション

VGSTUDIO MAX

コンピュータ断層撮影(CT)スキャンで直接有限要素(FE) 応力シミュレーションを実行します。VGSTUDIO MAXのメカニカルシミュレーション機能では、CTデータをシミュレーションモデルとして使用できます。形状に合ったメッシュは不要となるため、発泡体、格子構造、ミクロポロシティがあるコンポーネントなど複雑な構造に特に適しています。ワンクリックで、欠陥解析の結果を取り入れて欠陥の周りの応力集中をシミュレーションできます。結果は、実験結果と一般的なFEMシミュレーションに対して検証されています。

メカニカルシミュレーションの特徴

最適化された航空構造ブラケットの応力解析

オープンアルミニウムフォームの圧縮マテリアルサンプル

空隙部での応力集中

ロード済みのヘビの牙 (Causus rhombeatus ) 、のほか、シミュレートされた咬合力を示す可視化力線(出典:Plessis, A., le Roux, S. G., & Broeckhoven, C. (2016), Stellenbosch CT Scanner Facility提供スキャン)



ミーゼス応力の極大値を検出して可視化



選択した応力コンポーネントの最大値(ホットスポット)の計算

メリット