AlertCircle

このページは、Internet Explorerには対応していません。

セキュリティ上の理由から、Microsoft Edge、Google Chrome、Safari、Mozilla Firefoxなどの最新のブラウザをご利用いただくことをお勧めします。

自動化

VGSTUDIO MAX

ボリュームグラフィックスのソフトウェアを使った産業用CTでパーツの自動非破壊検査を可能にします。VGSTUDIO MAXによる自動化はセットアップが簡単で、市場に出回っているほぼすべてのCTシステムで利用できます。

ボリュームグラフィックスでは、迅速で柔軟な、すぐに使用できるソリューションを提供します。パーツを繰り返し解析する必要がある場合にも、常に強力な自動化機能によって作業をスピードアップします。

スキャンしたオブジェクトがめったに繰り返されない場合でも、一般的なワークフローの部分は、あらゆるタイプのオブジェクトに適用できるため、自動化する価値が十分に得られます。

自動化機能

VGSTUDIO MAXの自動化機能:

  • 一連のパーツのスキャン、または一度に複数のパーツを含むスキャンにきわめて有用です。
  • エラー発生の可能性を減らします。
  • 様々なパーツの検査結果を比較することが可能となります。
  • オブジェクトの最初のスキャンから、オブジェクトから生成する必要のある結果に至るまでに必要な時間を短縮します。
  • 手動のワークフローに含めるか、完全な検査を処理することができます。
テンプレートには、個々の解析と測定の許容値の結果について、検査対象のパーツの品質を説明する単一の状態に組み合わせる方法に関するルールが含まれています。
マクロでVGSTUDIO MAXが提供する機能をおおむね自動化できます。
マクロのクイック再生では、ボタンを押すだけでいつでも記録した任意の機能にアクセスできます。
マクロのマルチ適用により、同じスキャンの一部であった同様の部分を同じ方法で処理できます。
検査計画 では、入力スキャンからパーツの最終許容値ステータス、レポート、その他の種類の結果までの完全なパスが書き込まれます。 
バッチ処理を用いれば、ユーザーが介入せずに、マクロまたはVGinLINEジョブを多数の入力プロジェクトに適用できます。
VGinLINEでの受信CTデータ検査を完全に自動化できます。

メリット

  • 同じパーツの反復検査で時間を節約し、エラー発生の可能性を抑制
  • 1つのパーツ、1つのプロジェクトの複数のパーツ、または複数のプロジェクトにおける反復オペレーション時間を短縮
  • 手動から半自動および完全自動の検査への容易な移行