AlertCircle

このページは、Internet Explorerには対応していません。

セキュリティ上の理由から、Microsoft Edge、Google Chrome、Safari、Mozilla Firefoxなどの最新のブラウザをご利用いただくことをお勧めします。

欠陥/介在物解析アルゴリズム

VGSTUDIO MAX

VGSTUDIO MAXには様々な欠陥/介在物解析アルゴリズムがあり、各パーツおよびシナリオに最適な検査を保証します。ではどうやって可能になるのでしょう?コンピュータ断層撮影(CT)を使用した3Dイメージングでは、画質は多くの要因の影響を受ける可能性があります。例えば、日常の産業用途での短いデータ取得時間や、大きなパーツやマルチマテリアルなどが画質を低下させる可能性があります。ノイズ、ストリークアーティファクト、コントラストとグレー値の違い、および金属アーティファクトも画質に影響を与える可能性があります。

柔軟かつ規格準に準拠した欠陥検査のアルゴリズム

DefXポロシティ検査
閾値のみ
EasyPore
P 201 / P 202
P 203