AlertCircle

このページは、Internet Explorerには対応していません。

セキュリティ上の理由から、Microsoft Edge、Google Chrome、Safari、Mozilla Firefoxなどの最新のブラウザをご利用いただくことをお勧めします。

CT再構成およびデータ品質解析

VGSTUDIO MAX

スキャナに対する適切なアルゴリズムにより、最大限にスキャンを活用できます。最新のCT再構成アルゴリズムとアーチファクト低減技術により、X線データを最大限に活用できるようになります。

規格に準拠したデータ品質解析を通じてX線CTの状態を監視します。

CT再構成およびデータ品質解析の機能

サポートされているCTシステムの形状
測定回路拡張
アーチファクト補正
データ品質解析

データ品質解析

空間分解能とグレイバリューコントラスト分解能をモニタリングすることで、長期間にわたるCTスキャンのデータ品質を監視します。これにより、解析結果と計測結果で一貫して品質を高く保てるようになります。ボリュームグラフィックスのソフトウェアでは、ASTM E 1441およびASTM E1695に従ってデータ解析品質をサポートします。

メリット

  • 使用するすべてのCTハードウェアから独立し、互換性を確保。1つのシーンで、大規模で複数のボクセル、点群、メッシュ、CADデータセットを3D可視化。
  • 既存のCTハードウェアを、ソフトウェアベースのアーチファクト補正と視野拡張でアップデート可能。
  • CTスキャンの品質を監視し、正確な検査結果を実現。