AlertCircle

このページは、Internet Explorerには対応していません。

セキュリティ上の理由から、Microsoft Edge、Google Chrome、Safari、Mozilla Firefoxなどの最新のブラウザをご利用いただくことをお勧めします。

リバースエンジニアリング

VGSTUDIO MAX

VGSTUDIO MAXのリバースエンジニアリング機能は、フィジカルとバーチャルを連携してデジタルツインを作成します。洗練された機能により、CADモデルがないパーツを、すぐに使用できるCADモデルにリバースエンジニアリングできます。

リバースエンジニアリング機能

CTスキャンをCADモデルに変換し、CAD設計者やリバースエンジニアリングの専門家を必要とせずにCADシステムで使用できるようにします。

リバースエンジニアリング機能を使用することで、次のことができます。

  • CTスキャンをCADモデルに自動的に変換します。
  • モデルのエッジと主な特徴に従う4面パッチのパターンである自動サーフェスを生成します。
  • STEPファイルをCADシステムに書き出します。
  • これらのCADモデルで次のことができます。
    • CADモデルがない(または2D図面のみ)古い部品のCADモデルを生成します。
    • 手動で生成された設計モデルをデジタルで利用できるようにします。
    • マスターCADモデルとは異なって見えるパーツまたはツールのモデルを更新します。
    • CAMシステムがメッシュではなくCADモデルでミリングできるようにします。
冷却チャネルなどの定義済み領域を抽出します。
単一のコンポーネントといくつかの組み立てられたパーツの両方のCADモデルを作成します。

メリット

  • スキャンデータと補正されたツールジオメトリの正確な再現
  • CADシステムを学ぶ必要なし
  • 点群、メッシュ、CTデータに対応