AlertCircle

このページは、Internet Explorerには対応していません。

セキュリティ上の理由から、Microsoft Edge、Google Chrome、Safari、Mozilla Firefoxなどの最新のブラウザをご利用いただくことをお勧めします。

ボリュームメッシュ

VGSTUDIO MAX

単一マテリアルまたは複数マテリアルのコンポーネント、マテリアル試料のCTデータから直接、高品質な四面体ボリュームメッシュを作成します。VGSTUDIO MAXのボリュームメッシュ機能は、CTスキャンからボリュームメッシュ生成までの完全なワークフローをひとつのソフトウェアでカバーします。

ボリュームメッシュ



最適化された航空構造ブラケット



コネクタ



繊維強化マテリアル

有限要素(FE)メッシュ品質を制御し、改善するとともに、ヒストグラムを用いてメッシュ品質を確認し、評価します。
指定した領域の メッシュをローカルで調整します。
指定された関心領域(ROI)に基づいて、四面体要素、ノード、またはファセットセットを設定し、データを書き出します。



連結していない要素セットの識別、
可視化、削除などを行います。

鋭いエッジを含んだコンポーネントの四面体ボリュームメッシュを作成します。

マテリアル解析からのデータをメッシュセルに読み込みます

ポロシティや繊維複合材の解析で得られた微細構造情報をFEMシミュレーションに簡単に利用できます。二次繊維配向テンソルとファイバーボリューム率のコンポーネントのほか、ポロシティとグレー値を、四面体メッシュにマッピングして書き出すことができます。

マクロポロシティとミクロポロシティの区分

FEMシミュレーションにマクロおよびミクロポロシティを含めるためのワークフロー

VGSTUDIO MAXのボリュームメッシュ機能でマクロとミクロのポロシティを区別できます。マクロポロシティは、メッシュ中の内部表面としてマイクロポアの境界を採用することでボリュームメッシュで幾何学的に表すことができます。またマイクロポロシティは、各メッシュセルのマイクロポアの体積分率としてボリュームメッシュにマッピングし、.csv形式で書き出すことができ、例えばDigimatに直接アップロードして、FEソルバーで使用することが可能となります。

マクロポアは、ボリュームメッシュによって幾何学的に表示されます。その一方、ミクロポロシティはボリュームメッシュのセルにマッピングされ、色分けされます。
メリット