AlertCircle

このページは、Internet Explorerには対応していません。

セキュリティ上の理由から、Microsoft Edge、Google Chrome、Safari、Mozilla Firefoxなどの最新のブラウザをご利用いただくことをお勧めします。

毛管圧力シミュレーション

VGSTUDIO MAX

VGSTUDIO MAXの移動現象シミュレーションモジュールの一部である血管圧力モジュールにて、各種材料(多孔質または複合材料など)のCTスキャンで毛管圧力を直接シミュレートします。

毛細管圧のシミュレーション

毛細管圧力のシミュレーションによって、スキャンされた多孔質材料の特性を評価できます。例えば、地球科学分野では土壌や岩石のサンプルを特徴付けることができます。 

毛管圧力曲線: 

  • スキャンした多孔質材料サンプルの細孔径分布や毛細管圧力排水曲線などの量を算出します。
  • ボクセルデータを直接処理し、VGSTUDIO MAXでのサブボクセルの正確な局所適応面に関する測定データを利用します。

気孔サイズ分布

気孔サイズの分布は最大内接球を用いて計算されます。ソフトウェアでは、様々なサイズの球をプローブとして気孔空間にフィットしようとします。それぞれの点では、点をカバーする最大フィット球が検出されます。その球の直径を点の局所気孔直径とします。

a)テンペセル、b)多孔質プレートのセットアップ、およびc)水銀注入実験の場合に応じて、WPとNWPのリザーバー境界を定義することにより、3つの異なるテストセットアップをシミュレートできます。
空隙の直径
独立気孔
乾燥相前面
トラップ濡れ相
気孔サイズはヒストグラムプロットとして表示されます。

メリット