VGSTUDIO

シンプルなCTデータ可視化ソリューション

目視検査に最適

VGSTUDIOはエレクトロニクス産業に限らず、考古学、地学、生命科学といった学術分野などで幅広く利用されています。

CTスキャナで取得した画像を使用した3次元ボリュームデータの再構成*から、3Dおよび2Dでの可視化、動画作成までの全ワークフローをVGSTUDIOで行えます。

*CT再構成モジュールはVGSTUDIO基本機能に含まれません。別途ライセンスの購入が必要です

 

近日公開:

非平面ビューの例。左と中央:通常のスライスビュー。線は非平面ビューが表示する断面。右:非平面ビュー



機能


上位製品へのアップグレード

必要に応じてVGSTUDIOからVGSTUDIO MAXへアップグレードすることで、CTシステムをさらに活用できますVGSTUDIO MAXには、全てのオプションモジュールを追加できます:座標計測、設計値/実測値比較、肉厚解析、欠陥/介在物解析、アドバンスド欠陥/介在物解析、繊維配向解析、移動現象、多孔質構造解析、メカニカルシミュレーション*


*オプションモジュールはVGSTUDIO MAX基本機能には含まれません。別途ライセンスの購入が必要です。


ライセンス形態と対応言語

  • ドングルライセンス
  • 対応言語:日本語、英語、中国語、韓国語、ドイツ語、フランス語

キーワード: .vgarchive

「.vgarchive」は 全てのファイルとフォルダ、VGSTUDIO MAXや VGSTUDIOのソースデータまでを1つにまとめたファイル形式です。