AlertCircle

このページは、Internet Explorerには対応していません。

セキュリティ上の理由から、Microsoft Edge、Google Chrome、Safari、Mozilla Firefoxなどの最新のブラウザをご利用いただくことをお勧めします。

パートナー向け製品

VGCOREとVGPROJECT SDK

スキャンから評価まで、お客様にシームレスなユーザーエクスペリエンスを提供するため、CTハードウェアプロバイダーとしてボリュームグラフィックスソフトウェアをシステムに直接接続できます。このためにはボリュームグラフィックスの2つの製品:VGCORE とVGPROJECT SDKを利用できます。

VGCORE
VGPROJECT SDK

VGCORE

再構成や幾何キャリブレーションなどのコア機能をCTシステムに統合

VGCOREパックショット

VGCOREは開発したCTシステムをCTデータの取り扱いと処理用にボリュームグラフィックスが提供するさまざまなアプリケーションと機能に結びつけるワンストップソリューションです。 

VGCOREには次の3つの主なユースケースがあります: 

  • ボリュームグラフィックスアプリケーションで手動または自動でさらに処理するためのプロジェクトファイルの作成
  • 投影データの再構成
  • CTシステムの幾何キャリブレーション

CTシステムソフトウェアに統合

VGCOREはバックグラウンドで、VGSTUDIOやVGSTUDIO MAXなどのその他のボリュームグラフィックスアプリケーションからは独立して実行されます。VGPROJECTソフトウェア開発キット(SDK)を使用すれば、VGCOREはお使いのCTシステム管理ソフトウェアとシームレスに統合できます。(VGPROJECT SDKへのリンク) 

VGCOREは特にOEMパートナー向けに開発されました。システムソフトウェアのアップデートに関するさらなる制御と独立性のために古いバージョンの長期的な可用性を提供します。同時に、VGCOREによってCTシステムを購入したお客様はVGSTUDIO MAXやVGSTUDIOなどのエンドユーザーソフトウェアを定期的にアップグレードできます。 

特定のCTシステムで使用するためにVGSTUDIOまたはVGSTUDIO MAXバージョンの販売と組み合わせることで、システムソフトウェアへの統合用のVGCOREライセンスは追加コストなく追加できます。



プロジェクト作成

 .vglファイル形式は、ボリュームデータ処理向けに利用可能なすべてのボリュームグラフィックスアプリケーションへのゲートウェイとなります。ボリュームや投影データを作成するCTシステムとボリュームグラフィックスの市場をリードする解析、測定、可視化ソフトウェアをシームレスにつなげます。VGSTUDIOやmyVGLを使用した純粋な目視検査、VGSTUDIO MAXを使用した詳細解析または測定、またはVGinLINEを使用した完全自動化プロセスに関わらず、すべて.vglファイルによって実現できます。 

CTシステムにボリュームデータをすでに生成している独自の再構成が備わっているかどうか、ボリュームグラフィックスが提供する再構成機能に依存するかどうかは関係ありません。.vglファイルでは、両方のデータの種類を記述できます。また投影データの場合は適切なアプリケーションがファイルを開くときにボリュームデータを自動的に再構成します。 

.vglファイルには参照される画像データ自体の説明のほか、スキャンパラメータやスキャンされたパーツに関する情報(シリアル番号や製造日時など)のメタデータを保存できます。 

.vglファイルは、必要なすべての情報を一か所にまとめることでCTスキャナが生成するデータを簡単に作業できるようにするだけでなく、プレビューなど一般的なWindowsエクスプローラーの機能も統合します。 

プロジェクトが作成されると、VGCOREのハンドオフ機能を介して.vglファイル対応のエンドユーザーアプリケーション(*:個別に取得する必要があります)で自動的に開いて、データのスキャンや再構成から可視化と検査までシームレスに移行できます。

再構成

再構成は重要なステップです。その後のすべての解析と可視化は、再構成されたボリュームデータセットの品質によって異なります。VGCOREを使用すればCTスキャナがボリュームグラフィックスソフトウェアのCT再構成機能とペアになった、完璧な一体型パッケージをお客様に提供できます。VGCOREをVGPROJECT SDK と組み合わせて使用し、システムにCT再構成を完全に統合します。CTスキャナで撮影した投影画像からボリュームデータファイルを自動的に再構成し、.vglファイルで保存するか、独自のアプリケーションで再構成されたデータにその場でアクセスしてさらに処理します。 

VGCOREの再構成: 

  • CTスキャナで撮影した投影画像から3Dボリュームデータを素早く精密に計算します。
  • コーンビーム、ファンビーム、平行ビーム、プラナー、ヘリカル(らせん状)CTに対応。
  • プラナー、ヘリカル(らせん状)などの画像再構成でFDKおよびARTアルゴリズムを使用。
  • スキャンジオメトリの自動補正機能(例えば、水平方向のディテクタオフセット補正、軸の傾斜補正など)を使用。
  • メタルアーチファクトとリングアーチファクトを低減。
  • 標準のボリュームグラフィックスビームハードニング補正やIAR(オプション)*を使用することで、画像品質を向上。
  • 既製PCで動作し、OpenCLを利用して複数のGPUに対応。計算速度をアップ。

 

ビームハードニング補正のないスキャンの2Dおよび3Dビュー

ビームハードニング補正なし:正しくない グレイバリュー(2Dスライス)を表示すると、問題の中でもとりわけオブジェクトに穴が開きます(3Dビュー)。

ビームハードニング補正のあるスキャンの2Dおよび3Dビュー

ビームハードニング補正あり:正しい グレイバリュー(2Dスライス)を表示すると、オブジェクトに穴が開くことはありません(3Dビュー)。

幾何キャリブレーション

CTデータを確実に測定したり、解析するには、スキャンしたボリュームの正確な寸法を把握する必要があります。これらは、温度や摩耗などの外部要因の影響を受ける可能性のある取得システムのジオメトリに関する正確な知識がある再構成ソフトウェアに依存しています。VGCOREでは、既知の寸法でスキャンされたキャリブレーションオブジェクトを検査するための高度な測定機能が使用できます。キャリブレーション計画はVGSTUDIO MAXまたはVGMETROLOGYの高度な座標測定機能で設定できます。その後、システム管理ソフトウェアの固定部分となり、正確な測定機器としてCTを長期的に実行できるようになります。

測定値のあるキャリブレーションオブジェクト

測定値のあるキャリブレーションオブジェクト

VGCOREにおける幾何キャリブレーション:

  • 周囲のボクセルのグレー値に応じて個々のボクセルのグレー値を処理するサブボクセル精度と局所適応面判定で測定の不確かさを最小限に抑えます。
  • ポイントベース、サーフェスベース、幾何ベースのアプローチ(ポイントベースのRPSと3-2-1アライメント、サーフェスベースのベストフィット、幾何ベースのシーケンシャルアライメント)を使用して、データセットを参照データセットまたは座標系に位置合わせします。
  • PTBおよびNIST*によって認定されたアルゴリズムを使用します。

* PTBおよびNISTで検証済み:VGSTUDIO MAXのボリュームグラフィックス計測カーネルVGMK 3.2.0 140356は、ドイツ国立計量機関である物理工学研究所(PTB)による「最小領域法(チェビシェフ)」および「最小二乗法(ガウス)」アルゴリズムの検証済みです。またアメリカ国立標準技術研究所(NIST)による「座標計測システムのアルゴリズムおよび評価プログラム」で検証済みです。Windows 64ビットで取得された結果での検証。

制限はなく、特別なハードウェアは不要です

ソフトウェアでは再構成したり、幾何キャリブレーションに使用できるボリュームのサイズに制限はありません。ハードウェアだけで可能なことの境界を決定します。VGCOREのメリット:単一または複数のグラフィックカード(GPU)とCPU(マルチプロセッサ/マルチコアシステム)を備えた既製のコンポーネントを搭載したPCで動作するように設計されています。これによりCTスキャナの管理ソフトウェアを既に実行している既存のコンピュータシステムが使用しやすくなります。

OpenCLロゴ

OpenCLフレームワークを組み込むことで、VGCOREでは1つ以上のGPUを使用して再構成時の計算をスピードアップできます。

お客様のニーズに合わせて

VGCOREはモジュラー式であるため、ニーズに合わせてカスタマイズできます。無料のベーシックバージョンでもプロジェクトが作成でき、1つ以上の利用可能なモジュールを通じてさらなる機能を柔軟に追加できます: 

  • CT再構成(コーンビーム、ファンビーム、平行ビーム)
  • 任意の拡張機能:
    • CT再構成特殊アルゴリズム(ヘリカル、ART)
    • CT再構成IAR*(*:Fraunhofer EZRTによる技術ライセンス)
  • CT再構成(プラナー)
  • 幾何キャリブレーション
異なるスキャンジオメトリの描画

コーンビーム、ファンビーム、平行ビーム、プラナー(チルトコーンビームCT、チルトおよびワープコーンビームCT、拡張CT)、ヘリカル(らせん状)CTに対応する再構成アルゴリズムを追加することで、VGCOREをニーズに合わせて調整できます。

VGPROJECT SDK

CTスキャナをボリュームグラフィックスソフトウェア製品にシームレスに接続

VGPROJECT SDKパックショット

ボリュームグラフィックスのパートナーは無料のインターフェースツールVGPROJECT SDKを使用してコンピュータ断層撮影(CT)システムを当社のソフトウェアに直接接続できます。VGPROJECT SDKを使用すれば、スキャン中でも.vglファイルでスキャンしたオブジェクトを記述するパラメータとメタデータを保存するアプリケーションを簡単に開発できます。 

統合エフォートは少なく、メリットは計り知れません:.vgl形式でCTデータを保存する場合、産業用CTデータのデファクトスタンダードに対応します。

.vgl:ファイル以上の機能をご提供

.vglファイルではメタデータとスキャンパラメータは画像データにリンクされます。作成されると、ボリュームまたは投影データの両方を読み込み、手動の手順を追加することなくVGアプリケーションでメタ情報を記述できます。

.vglファイルでは、すべての関連情報を組み合わせるだけでなく、特定のWindows機能をサポートすることで日常の作業を簡単に行うことができます。例えば.vglファイルのファイルコンテンツをWindowsエクスプローラーでプレビューしたり、メタデータを検索できます。

.vglファイルは始まりにすぎません

.vglファイルにはスキャナと再構成パラメータからの画像への参照が含まれるため、データは.vglファイルを開くときに簡単に再構成できます。再構成直後に解析を開始できます。

VGPROJECT SDKにより、通信インターフェースを作成し、適切なボリュームグラフィックスアプリケーションで当該の再構成プロセスをプログラムで開始できます。結果は、ボリュームデータを参照する.vglファイルとなり、再構成をさらに行うことなく、すぐに開くことができます。

また、カスタムデータ処理を有効にし、独自の アプリケーションで再構成されたデータに直接アクセスできます。

お問い合わせください!

VGCOREとVGPROJECT SDKは特にシステムメーカー向けの製品です。システムメーカーの場合は、最適なCTシステムの作成に両製品で提供できる可能性について当社までお問い合わせください。スキャンから評価まで、お客様にシームレスなユーザーエクスペリエンスを提供できるようにサポートいたします。