VGRECO    

CT再構成をシステムに直接統合

ビームハードニング補正オフ:グレイバリューの不適切な表示(2Dスライス)はオブジェクト(3Dビュー)に空洞を作るなど、様々な問題の原因となります。

ビームハードニング補正オン:グレイバリューの適切な表示(2Dスライス)と空洞のないオブジェクト(3Dビュー)。

OpenCLフレームワークを組み込むことで、VGRECOはマルチGPUに対応し計算速度がアップしました。