VGSTUDIO MAX

 ハイエンドな産業用CTソフトウェア

CTデータの解析、可視化用ハイエンドソフトウェア

VGSTUDIO MAXは、お客様の製品を設計から製造まで把握することにより、グローバルな生産におけるあらゆる段階でその品質を高く保ちます。

VGSTUDIO MAXが選ばれる訳

提供する結果について

数多くの製品品質に関する要求に対して挑戦しています。VGSTUDIO MAXの各機能が、これらのニーズにおいて適切な判定を実施するために必要な、信頼できる結果を提供します。CTはもちろん点群、メッシュ、CADなどの他の3Dデータ形式を包括的に使用している場合でも、 VGSTUDIO MAXは、計測、欠陥検出および評価、材料特性、またはシミュレーションなどの要求を単一のソフトウェアでカバーします。すべての解析、シミュレーション、および可視化ツールは、お客様のデジタルワークフローに適合します。

迅速かつ簡単に、そして正確に結果を得られます。計測アルゴリズムは、国立計量機関であるPTBおよびNISTによる検証を受けています。*VGSTUDIO MAXは、スキャンされたオブジェクトをサブボクセル精度で面定義可能です。

 

効率化

VGSTUDIO MAXでは、グラフや包括的なレポートなど、すぐに使用可能な結果を取得できます。データサイズが大きなものでもしっかりと処理できます。繰り返しのタスク処理の場合には、強力な自動化機能により、作業速度の向上をもたらします。オブジェクトの周期的な構造の解析は、解析を複製することで簡単に実施ができます。

時間のかかるフォーマット変換無しで結果を共有:フリービューアのmyVGLを使用することで、産業用CTで取得した3Dデータの交換に広く使用されている.vgl形式のファイルを開くことができます

将来への準備

VGSTUDIO MAXは、研究室でも生産現場でも、開発から生産への移行中においてもシームレスに作業できるよう設計されています。その総合的な機能は、CTデータ解析分野においての現在と将来のニーズを深く理解することに基づいています。

VGSTUDIO MAXはモジュールのコンセプトにより、CTハードウェアとは独立したソフトウェアとして、着実に進化しています。

安心のサポート

VGSTUDIO MAXを選択すると、あなたのタスクを深く理解してくれるエキスパートチームがいることに気づきます。まずは購入前にセールスエキスパートがVGSTUDIO MAXの構成の選択を手助けし、当社のコンサルタントがあなたの特定の課題を評価します。購入後もプレミアムサポート契約をご選択いただくことで常に最新版ソフトウェアをご利用いただけます。またサポートエキスパートは、ソフトウェアトレーニングであなたのVGSTUDIO MAXの操作スピードを上げ、素早い対応であなたをサポートします。

それぞれの課題に対するそれぞれのVGSTUDIOMAX

必要に応じて組み合わせ選択が可能なVGSTUDIO MAXのオプションモジュール

基本機能

基本機能では、インスツルメントでの測定、内部観察のための可視化、そしてレポートやプレゼンテーション用機能を提供します。

オプションモジュール

マテリアル解析、形状解析、シミュレーション、CT再構成などの用途に合わせたさまざまなオプションモジュール。あなたのニーズに合わせられる、それがVGSTUDIO MAXです。

パッケージ&バンドル製品

様々なアプリケーション分野に合わせたパッケージ製品があります。パッケージ製品には、初年度のプレミアムサポート契約が付随しています。すでにVGSTUDIO MAXのライセンスをお持ちであれば、あなたのVGSTUDIO MAXにオプションモジュールバンドルをつけることが可能です。オプションモジュールバンドルには、初年度のプレミアムサポート契約が付随します。

進化し続ける

VGSTUDIO MAXは定期的に新しい機能が導入されています。プレミアムサポート契約により、産業用CTデータの解析と可視化における最新の機能をお使いいただけます。また有償アップグレードよりも割安となります。

基本機能 + 。。。

CT再構成のオプションモジュール

  • CT再構成モジュール [1} {2][3}CTスキャナで撮影した画像を3Dのボリュームデータへ再構成

形状解析モジュール

  • 座標計測モジュール [1}コンポーネントのアプローチが困難な箇所でも計測が可能
  • CAD CADインポートモジュール CATIA V5やCreo/Pro/ENGINEERなどのネイティブCADファイルをインポート可能
  • CADインポートPMIモジュール 製品製造情報(PMI)インポートに対応
  • 設計値/実測値比較モジュール CADやメッシュまたは他のボクセルデータと製品の形状比較
  • 肉厚解析モジュール 不十分または過剰な肉厚やギャップ幅の場所を特定
  • ジオメトリ補正モジュール 射出成形や鋳造金型および3Dプリンタ製品のジオメトリ補正

マテリアル解析モジュール

  • 欠陥/介在物解析モジュール 細孔切断の予測を含む鋳造品の空隙を非破壊で検出
  • 拡張欠陥/介在物解析モジュール [1}P 202およびP 201に則した欠陥解析
  • 繊維配向解析モジュール [1}繊維複合材料の繊維配向およびその他の関連パラメータの算出
  • 気泡/粉末解析モジュール [1}多孔質発泡体やフィルタ素材のセル構造を特定

シミュレーションモジュール

  • ボリュームメッシングモジュール 後のシミュレーション用にCTデータをメッシュに変換
  • メカニカルシミュレーションモジュール CTデータからダイレクトに応力シミュレーション
  • 多孔質材料や複合材料などでの流体、電気、熱伝導や拡散をシミュレーション

キーワード:.vgl

「.vgl」ファイル形式は、産業用CTから3Dデータを変換する産業用標準形式です。CT機器に関わらず、「.vgl」データはワークフロー全体で品質管理から計測、故障解析、製品開発までフレキシブルに使えます。