Version 3.2 

産業用CTデータを更に有効利用するための総合的ソリューション

バージョン3.2をリリース

弊社ソフトウェアのバージョン3.2では、ツールとジオメトリの補正機能を新たに追加し、繰り返し構造をより速く解析できるようになりました。また、自動ツールも大幅に改善しました。欠陥によるメカニカルな影響も評価できるようになりました。さらに世界中に拠点を持つ企業様向けに、グローバルフローティングライセンスも追加しました。

     

鋳造や成型ツールおよび3Dプリンティングのジオメトリ補正

ツールの補正から3Dプリンティングジオメトリまで

VGSTUDIO MAX(座標計測および設計値/実測値比較が別途必要)、VGMETROLOGYおよびVGMETROLOGY ESに新たに追加されたジオメトリ補正モジュールでは、ツールやコンポーネントの製造、検査、補正をまとめたシームレスなデジタルのワークフローを実現しました。ツール補正や手作業で修正したツールのサーフェス再構築、3Dプリンティングのジオメトリ補正で幅広く利用できる、費用対効果の高い、使いやすい方法です。

     

VGSTUDIO MAX,、VGMETROLOGY 、VGMETROLOGY ESでジオメトリ補正モジュールを新たに追加

     

ゴールデンサーフェス機能でパーツの平均サーフェスを作成

射出成形における入れ子の補正

VGSTUDIO MAXとVGMETROLOGYでは、ジオメトリ補正モジュールと「ゴールデン」サーフェス機能を組み合わせて使うことで、形状が同じ複数の入れ子を含む射出成形用金型を補正することができます。ゴールデンサーフェス機能で様々な入れ子からパーツの平均サーフェスを作成し、これを基に入れ子の形状を補正します。入れ子間の差異は多くの場合、不均一なプロセスパラメータの違いによるものです。

 

CTベースの計測

CADモデルなしでも計測計画を定義

平均サーフェス – VGSTUDIO MAXとVGMETROLOGYの新機能「ゴールデンサーフェス」機能で作成 – は、CADモデルがない場合でも計測計画を定義するベースとして利用可能です。計測計画を複数のスキャンデータに適用する際、特に自動検査の場合にエラーを軽減できます。

単一オブジェクトに複数の位置合わせ

オブジェクトの様々な位置合わせを切り替えることで、参照オブジェクトとの偏差が最も小さい位置合わせを確認できます。VGSTUDIO MAX、VGMETROLOGY、VGMETROLOGY ESでは、複数の位置合わせを1つのオブジェクトに保存できるようになりました。保存した位置合わせは簡単に切り替えることができ、計測も更新されます。

     

新機能「ゴールデンサーフェス」で計測計画を複数のスキャンデータに適用する際のエラーを軽減

     

新たに追加されたシーケンシャルレジストレーションで2つのオブジェクトの位置合わせを直観的操作で実行可能

2つのオブジェクトを直観的に位置合わせ

シーケンシャルレジストレーションは従来とは全く異なる、新しい位置合わせ方法です。2つのオブジェクトを事前に座標系へ位置合わせすることなく、幾何要素のペアを基に位置合わせします。直観的で分かりやすいステップバイステップの作業は、オブジェクトを実際に配置するのと似ています。各位置合わせステップの結果はすぐに表示され、確認できます。重要でない自由度がある場合は、全ての自由度を設定する必要はありません。残った自由度をベストフィットで設定することも可能です。シーケンシャルレジストレーションはVGSTUDIO MAX、VGMETROLOGYおよびVGMETROLOGY ESで利用できます。

自由形状をデータムに使用

複雑なデータムに対応することで、自由曲面などの幾何要素をデータムオブジェクトとして位置合わせや幾何公差に利用できるようになりました。自動車のダッシュボードやコネクタのキャビティなどの自由形状をデータムとする場合に有用です。

複雑なデータムで自由形状をデータムに使用することが可能に

     

寸法フィーチャーの許容値ステータスは、評価インディケータで全てのビューに表示されるようになりました

評価ステータスを一目で把握 

シーンツリーや膨大な数値を確認することなく、全てのビューで寸法が許容値内であるか、一目で確認できるようになりました。VGSTUDIO MAX、VGMETROLOGYおよびVGMETROLOGY ESで、寸法フィーチャーの許容値ステータスを全てのビューにおいて評価インディケータで表示することができます。

「ウォータータイト」なSTLメッシュの生成

VGSTUDIO MAX、VGMETROLOGYおよびVGMETROLOGY ESに追加された「グリッドベース」アルゴリズムは、サーフェスメッシュを素早く抽出します。更に、隙間や穴を含まないボリュームを完全に含むメッシュである「ウォータータイト」になり、ほとんどのタイプの3Dプリンティングに対応するようになりました。

VGMETROLOGYとVGMETROLOGY ESからもSTLメッシュを書き出せるようになりました。

自動CT検査

進化した自動化

VGSTUDIO MAX 3.2、VGMETROLOGY 3.2、VGMETROLOGY ES 3.2の自動化ツールを大幅に修正し、更に充実させました。VGinLINEの「ジョブ」をサポートしています。利用可能な全ての解析を対象とし、ジョブはマクロ、テンプレート、全ての参照データを自動化ワークフローにまとめたものです。

ジョブにif-then条件分岐を設定することで、更に複雑な自動処理を設定できます。(例)許容値外のパーツでは以降の解析をスキップ

マクロの入出力パスが編集できるようになり、マクロの再記録に必要な工数を削減できます。

VGSTUDIO MAX でVGinLINEジョブの準備とテスト

ジョブに対応したVGSTUDIO MAXは、自動化のためのセントラルエディタとして機能します。これにより、シームレスなワークフローでマクロや評価テンプレート、VGinLINEジョブの編集とテストができるようになりました。VGinLINEジョブはVGinLINEで自動アットラインやインライン検査に利用できます。

トレーサビリティとレポート

マクロ単体やテンプレート単体と比べ、ジョブはリビジョン管理で段階的な変更をパーツに反映できます。リビジョンのユニークなIDでジョブに必要なトレーサビリティを確保しています。さらに、検査したコンポーネントに関する(バーコードスキャナなどによる)メタ情報が自動で読み込まれるようになりました。

     

VGinLINEだけでなくVGSTUDIO MAXでも、ジョブにif-thenの条件分岐を設定し、更に複雑な自動処理が可能に

     

VGinLINE APPROVER:3D描画で欠陥やフィーチャーの位置を表示できるようになりました

VGinLINE APPROVERにおける3D欠陥位置

VGinLINE APPROVERは自動検査結果の閲覧や手動再評価へ更にアクセスしやすいダッシュボードになりました。このウェブベースのインターフェースでは2Dビューに加え、検出欠陥や計測フィーチャーの位置を3D描画でも確認できます。

自動の検査結果と手動修正の両方を含む.pdfファイルをVGinLINE APPROVERから書き出せるようになり、検査結果を関係者と共有しやすくなりました。

欠陥の評価

複数の領域に及ぶ欠陥や形状の偏差を素早く評価

バージョン3.2ではシリンダーヘッドやBGAなどの反復構造体での解析が容易になりました。関心領域(ROI)を規則的なパターンで簡単にコピーできます。ROIに含まれる全ての解析(例:欠陥解析、設計値/実測値比較)も自動でコピーされます。

     

関心領域(ROI)を規則的なパターンで簡単にコピーできるようになりました

     

パーツのスキャンデータと設計パーツにおける応力シミュレーションを比較できるようになりました

欠陥の応力への影響を評価

鋳物パーツにおける欠陥の機械的強度への影響は?1クリックでメカニカルシミュレーションで欠陥解析結果を考慮できるようになりました。これにより、VGSTUDIO MAX 3.2は欠陥を検出するだけでなく、欠陥を考慮した応力を計算できます。

欠陥が機械特性に大きく影響するかを評価するために、パーツ(欠陥有り)のスキャンデータと設計パーツにおける同じ応力シミュレーション結果を直接、数字で比較できるようになりました。比較することで、2つのデータにおける差異の場所と程度をはっきり確認できます。これにより、欠陥による機械的な影響の特徴が分かります。

マテリアルの研究と開発

可変マテリアルパラメータによるシミュレーション

複合材料や岩石、骨などの有効弾性特性マイクロメカニカルシミュレーションを実施します。メカニカルシミュレーションモジュールは、グレイバリューに応じた様々なマテリアルパラメータを新たにサポートしています。ボリュームのメッシュ化が不要になり、メッシュへの変換に起因する不確かさや手間を軽減できます。

FIB/SEMデータに対応

岩石や電池材料などのマテリアル探査を3Dでナノメートル単位の高解像度で解析します。VGSTUDIO MAX 3.2にはFIB-SEMデータ読込み用フィルタを追加し、FIB-SEM顕微鏡で取得したデータにおいて、マテリアル構造解析を幅広く利用できるようになりました。

マテリアル構造解析結果の表示がフレキシブルに

繊維配向解析や多孔質構造解析、メカニカルシミュレーションなどに任意の方向定義を追加しました。

個別の解析ごとに個別のカラールックアップテーブルを定義できるようになりました。

     

VGSTUDIO MAX 3.2のFIB-SEMデータ読み込み用フィルタ

グローバルフローティングライセンス: 世界中でフレキシブルに

場所やタイムゾーンを問わず、世界中で1本のライセンスを活用できます。新しいライセンス形態のグローバルフローティングライセンスは、他ライセンス形態に比べ導入するライセンス数を抑えられます。

グローバルフローティングライセンスでは、ライセンスごとにオプションモジュール構成を変更できます。1台のコンピュータでソフトウェアのインスタンスを複数起動できます。この場合、起動したインスタンスはそれぞれ別のライセンスとしてカウントされません。グローバルライセンスプールからライセンスの「持ち出し」が可能になります。持ち出し期間は、出張や会議等に合わせて設定できます。

グローバルフローティングライセンスは既存のフローティングライセンスとは別のライセンス形態です。VGSTUDIO MAXパッケージ、オプションモジュールを追加したパッケージ、VGMETROLOGYおよびVGMETROLOGY ES(オプションモジュールの有無を問わず)の場合にグローバルフローティングライセンスを導入できます。

最新版のダウンロード

プレミアムサポート期間中のお客様は、ダウンロードアカウントから最新版のソフトウェアを無償でダウンロード可能です。