ボリュームグラフィックス製品ファミリー – VGSTUDIO MAX, VGSTUDIO, VGMETROLOGY, VGinLINE および myVGL – 全ての種類の解析と可視化は産業用コンピュータ断層撮影(CT)のデータ上で直接実施できます。 

Version 3.2

バージョン3.2では、ツールとジオメトリの補正機能を新たに追加し、繰り返し構造をより速く解析できるようになりました。また、自動ツールも大幅に改善しました。欠陥によるメカニカルな影響も評価できるようになりました。さらに世界中に拠点を持つ企業様向けに、グローバルフローティングライセンスも追加しました。

Version 3.2 機能概要:

  • 鋳造や成型ツールまたは3Dプリンティングのジオメトリのディジタルな修正;
  • CADモデルがない場合でも測定計画を定義することができる”ゴールデンサーフェス”;
  • 2つのオブジェクト間の直感的な位置合わせ;
  • VGSTUDIO MAXでのVGinLINEジョブの準備とテスト;
  • 周期的な配置の複数領域に関する素早い解析;
  • 欠陥の機械的な影響をダイレクトに評価;
  • FIB/SEMデータのインポート; 
  • 新しいグローバルフローティングライセンスで一つのライセンスを世界中でフレキシブルに使用;
  • その他ks図多くの新機能および改善

バージョン3.2の詳細は、専用のリリースページをご覧ください: 

       

新バージョンの適用

VGSTUDIO MAX 3.2, VGSTUDIO 3.2, VGMETROLOGY 3.2, およびVGinLINE 3.2がご利用いただけます。 

VGSTUDIO MAX 3.2, VGSTUDIO 3.2 および VGMETROLOGY 3.2の 評価用ライセンスはこちら 

無償のフリービューアmyVGL 3.2のご申請は こちら 

The Manufacturing Geometry Correction Module can determine a correction of the tool from the deviations of the manufactured part from the nominal CAD geometry.

VGSTUDIO MAX,、VGMETROLOGY 、VGMETROLOGY ESでジオメトリ補正モジュールを新たに追加

How the Manufacturing Geometry Correction Module corrects, e.g., an injection mold in six steps

ゴールデンサーフェス機能でパーツの平均サーフェスを作成